在宅介護事業の営業&放課後等デイサービスの開業や運営の成功のヒントをお伝えするブログです。

2017/08/15  (火) 

「活きる」の振り返りをおこなう機会をもちませんか?(メルマガ209号)

<放課後等デイサービス開設者向け>

【9日間の無料メールセミナー】
放課後等デイサービスをスムーズに開設する方法

現在、開講中です!

**************************

 

こんにちは!
介護業界を支える行政書士&ケアマネマーケティングの小澤信朗です。


さて、今回のメインコンテンツにいきましょう。

今回も、放課後等デイサービスを開設したい方、運営している方向けにお届けしますね。

 

-----------------
●【活きる】の振り返りをおこなう機会をもちませんか?
-----------------

今年も、この季節がきました。

介護甲子園。

 

高齢者のデイサービスやヘルパーステーションなどの介護サービスの事業者様だけでなく放課後等デイサービスをはじめとする障害福祉サービスの事業者様もエントリー可能です。

 

今年のテーマは、「活きる」

 

活きる、という意味は色々とありますが、生活する。暮らす。という意味があります。

 

放課後等デイサービス事業者様は
「生活能力の向上のために必要な訓練」をおこなう施設です。

 

大人になった時に、生活に困らないようにするための療育活動やグループホームや一般住宅で暮らしていくことをイメージした療育活動についてこうしたことを介護甲子園のエントリーを通じてぜひ発表していただけると幸いです。

 

振り返りの中からでないと、本当の自分たちの活動のすばらしさはわかりません。

 

また、仮に予選落ちしたとしても、予選を通過した事業者様のエントリーシートを読むことを通じて、本当に勉強になります。

 

特に今回から、有料ですが、フィードバック制度もできました。

審査員のフィードバックをもらえることでさらにエントリーシートへの記載もやる気になると思われます。


8月22日が介護甲子園のエントリーシートの締め切りです。

ぜひ、1つでも多くの放課後等デイサービスや高齢者のデイサービスの皆様のエントリーをお待ちしております。

 

介護甲子園のエントリーはこちら

--------------------
●今日のまとめ

大人になった時に、生活に困らないようにするための療育活動やグループホームや一般住宅で暮らしていくことをイメージした療育活動について介護甲子園のエントリーを通じて一度発表してみましょう。


発表を通じて、気づきを得ることができますよ。

--------------------

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

おまけです。

 

----------------------------------------------------
「介護業界を支える行政書士事務所 おざわ行政書士事務所」サイトトップへ
Tel 03−5942−9752
<小規模デイサービス向け>
介護事業の営業に関するヒントをお伝えします!!
「6日間の無料メールセミナー ケアマネジャーからの紹介で利用者が30%以上増える方法(小規模デイサービス向け)」

>>メールセミナー登録画面へ

※申込み後、当事務所のサービス、情報提供のためにメールを送信させていただく場合がございます。


にほんブログ村


災害時に、てんかん発作をおこす可能性のある児童...